ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

「わたしメッセージ③」

大人間の「わたしメッセージ」は、かなり奥深いものがあると書きましたが、
今回は、「夫婦間でのわたしメッセージ」について、考えてみたいと思います。

友人との会話で「夫がねぇ~」から始まり「男ってねぇ~」へと、
話しが盛り上がります。

この年齢になって「男のこの人には分からないんだ~」が、「分かった」
境地でしょうか。
若い時に気付いとけばよかった、気付いときたかった、
だからの、コミュニケーションだったんだと。

子どもとの間で使う「相手を非難せずに、自分の気持ちを伝える」は、
本当に効果が大きくて驚きますが、
夫婦になると、『伝える』がスムーズにいきません。

それは、お互いが夫婦だからこそ、人生のパートナーだからこその、
「言わなくても、それぐらい分かってほしい」という想いがあるのが、
本当のところでしょう。
そして、それは、お互いになのです。夫も同じことを思っているのです。


以前書いた、「男の育て方~」の著者、高濱正伸さんの本で、
その続編のような本があります。納得というか、これも笑えます。

男は言われないと、伝えてもらわないと分からないのです。


しかし、夫婦間になると、私も若い頃そうだったように、
「あなたが変われば、私も変わってあげる」が、どうしても出てきてしまう。

これだと、どこまでいっても、お互いにです。

気付いた自分が変わる、その方が早いです。
「過去と他人は変えられない、変えられるのは、自分と現在」
よく言われる言葉です。本当のことです。

本当のことだと分かっていても、「え~、私が先なの?」ですよね~。
それでも、自分の方が先には分かったとしても、なかなかハードルが高い。
それは、言葉と心が一致していないといけない、という思い込みがあるからです。

以前、「男の子の育て方~」にあった、
『芸風で 育ち 差がつく男の子』、芸風…いわゆる、お母さんの声掛けです。

男である夫も同じみたいです(笑) こちらからの第一声は、
言葉と心が一致していなくても、全然OKなのです。
その声掛けで、夫の反応が、思ってもない反応で返って来ます。
そうなると、自然に言葉と心が一致した自分に、変化していきます。


「心がやすらぐ魔法のことば」(山崎房一、PHP文庫) に、こいう一文があります。

     どんなに努力しても こころが変わらないときは
     こころは横にそっと置いて
     言葉や行動を変えてみる 演技してみる
     こころは不思議にも変わってしまう
     こころは 言葉によってコロコロ変わる
     言葉によって 言葉どおりの自分に変わる

私は、この一文が好きです。演技でいいと言うのです。

入り口は、言葉と心が一致していなくても、ちゃんと一致へと繋がっていきます。
私も、体験、実感済みです。
[PR]
by rarakirara-you | 2013-12-08 14:59 | 親業 | Comments(0)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん