ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

スマホで、はいチーズ!

b0306288_11171658.jpg

                  スマホでツウーショット、自分撮り


先日、テレビで、
スマホがほしい中学生と、絶対ダメだ、という親とのやり取りを、
見ました。まさに、攻防戦でした!(笑)

男の子と女の子、二人の取材でしたが、
子ども達は、親の言ってくる言葉を想定しての反論を用意。
男の子は、クラスでスマホ、携帯、持たない子と、人数リサーチ。
ショップに行って、機種代金、毎月のかかる金額と、これもリサーチ。

結果は、男の子はもう少し我慢するに、
女の子は、どんなとこが危ないのか、きちんと分かってと、
まずは、お父さんがスマホにして扱ってみるに。
(お父さんが、スマホ機種変になっちゃいました~)

時代の流れですね。
私の子育て時代には、高校生になってからケイタイね、
でokの時代でした。
今は、コタくんもアヤちゃんも生まれた時から、
そこに「ある」ものです。

伝える親も、時代を見ながらの進化で、対応が問われる、
ということでしょうか。


客観的に見てると、子ども達の健気さ、一生懸命さ、
たくましさに、目が行きました。

親業では、こういう時に「勝負なし法」という方法で、
とっぴな意見でも出し合い、お互いが納得いく意見を
一緒に探すという方法があります。

まずは、相手の言いたいことに、耳を傾けるです。
耳を傾けるというのは、決して相手の言いなりになる、
ということではありません。
結果とは別に、「言いたいこと、思っていること」を、
ちゃんと聞いてもらえた、で、
親の言葉が、はじめて届くのです。




[PR]
Commented by 樋口 at 2014-02-02 13:04 x
勝負なし法←なるほど納得しました!家族や親子で意見が分かれる時は有効な手段なのですね!
解決策を見いだすというか互いの意向を聞き、結果として解決に結びつく方向になるのでしょうか!いかに信頼度の大切さを感じました!
トミタサンの親業講座が開催される運びになることを願ってます!
Commented by rarakirara-you at 2014-02-03 15:00
コメントありがとうございます。
講座で伝える「勝負なし法」は、6段階の細やかな段階があります。その段階を踏みながら、一緒に!探す、をやっていくことを言います。
「勝負なし」があるということは、親の勝ち、子どもの勝ち、の「勝負あり」があるということです。
自分の伝え方を、あらためて認識することになります。

嬉しいコメントを頂くと、やはり親業を伝えたい、と思います。というより、子どもに届くコミュニケーション法を、伝えたいと、強く思います。
本当に、コメントありがとうございました。

by rarakirara-you | 2014-01-31 13:57 | 親業 | Comments(2)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん