ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

「親業」との出会いのそれから

初めて「親業」という勉強を知り、
受講が終わったところで、夫の転勤となり、
福岡を離れてしまいました。

次男が年長、長男が小学5年生でした。
転勤先という、新しい環境、一からの人間関係。
正直、「親業」は完全にどこかに飛んでしまいました。

「親業」を離れて「親業」を忘れる!です。

30代半ばの私は、自分のことに追われました。
まさに、自分探しの年令でした。
思い返すと、福岡に早く戻りたい!…で、
転勤先での3年間は、子ども達に目を向けながら、
自分自身の中は、訳の分からない焦りで、
地に足が着いていなかったような、
空回りの記憶…の気がします。

今の自分から見ると、
「本当によくやってたよ~」と見えるのですが…。



脳科学の黒川伊保子の本にあります。

孔子の「 吾十有五而志于学  三十而立  四十而不惑
五十而知天命  六十而耳順…」
ヒトの脳は、がむしゃらな十代後半~二十代、
社会が見えてくるからこそ混迷を極める三十代、
物忘れの四十代を経て、本質を知る五十代に至る。
脳の成熟過程が語られていて、興味深い。

と、あります。
私の30代から40代にかけても、
なんだ~、進化の過程だったのか…、

「なるようになってた」一端を知った気がします。



実際私も、転勤も加わり、悪戦苦闘の30代後半でした。
そして、大切にしたいと残ったものが「親業」でした。

福岡に戻り、又、新しい環境からが始まり、
私の足がかりの頼りは「親業」での繋がりからでした。

「親業」に触れられる場所に、久しぶりに身を置けて、
初めての受講で「感じ、考えた」の整理が
ゆっくりできる自分を取り戻しました。


インストラクターになろう、を考えるまで
それから7年余りの時間があります。

その7年、息子達との関わりの中で、
試行錯誤で「親業」の良さを色々と
体験させてもらうこととなりました。










[PR]
Commented by 大内てるみ at 2014-08-11 10:43 x
誰もが必要な時に必要なものや人との出会いがありますね(^ー^)
Commented by rarakirara-you at 2014-08-11 22:33
いつもありがとうございます。

悲しいかな、通り過ぎないと見えないものばかり。
「その時」に、もう少し客観性を持ててたらと…、
当時の自分に「キツカッタね~」と、声を掛けたくなります^^;
だからの、「今」の子育てママへの応援となります。
出会うべく人と出会うためになればと、ここに居ます(^.^)
Commented by てくてく at 2014-08-13 13:26 x
こんにちは。お久しぶりです。
ご紹介の本、読んでみましたよー
脳科学で孔子の言葉が読み解けるんですね。
アプローチはいろいろでも、「本当のこと」は同じ…

私は物忘れの四十代ですが、自然に任せて忘れていくうちに、
本質を知る五十代がくるのかな。
皆それぞれの重荷を背負って生きているんだと、わかってはいても、自分のリュックのヒモのくい込みが痛いわーと感じるこの頃…(^^;
荷物の重さは変わりませんが、道しるべを見つけた気分です。
ありがとうございました(^-^)
Commented by rarakirara-you at 2014-08-13 23:48
てくてくさん、
いつもありがとうございます。
温かい、嬉しい言葉、本当にありがとうございます。

40代、選択の年代と私は考えます。
荷物の中身を確認しながら、捨てるの選択もやっていい!に。
リュック、十分に詰め込まれてますよ(^^ゞ
荷物が重たいを感じるは、そういうことと考えるのも
ステキだと、私は思います。

本、読んで下さったんですね、本当に嬉しいです。
何を感じ、何を思われたのか、又、聞かせてくださいね。
ありがとうございました。
by rarakirara-you | 2014-08-11 09:20 | 親業 | Comments(4)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん