ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

自分が選ぶ

前回の続きで、息子達を通しての
親業体験エピソードを書こうと
思っていたのですが、
頂いたコメントや数秘術の勉強とも重なり
もう少し、混迷の30代~40代のついて…。



脳科学、数秘術のライフチャート、交流分析、
そして、孔子曰くも、まったく全部が
人のサイクルだと言ってるのに驚きです。

当たり前の気もします。
ヒトの進化、成熟過程、ざっくりの予想は
やはり、そんなものでしょう。
本当に流れとしては当たり前のことなんですね。

60歳突入の立ち位置では、すべて納得です。
だけど、だけど、そのさ中にいる時の
シンドイこと…^^;

私自身、シンドさから少しづつ解放されたのは
自分が選ぶ!を意識してからです。


都度都度の、その岐路に立つ度に
無意識に、あれをしよう、どう考えようを
選んできたんだと思います。
無意識だったからこそのシンドさだったと。



当時(30代半ば)出会った本
深沢道子著、「素敵な自分に育てる本」
(交流分析の著者の本です)
に、こうありました。

例えば 
「夫にやさしくできない」

この「できない」を「しない」に置き換えて
言ってみて下さい。
感じ方にどんな違いがあるか確かめてみて下さい。


「あっ!、私、できないではなく、しないだ」
もちろん言い訳がありました。
でも、その言い訳を盾に「私はしない」を
選んでいるのに気付いたのです。
言い訳は「~のせいで…」です。
自分軸ではないのを突きつけられた感でした。
自分を大切にするとは…、
そこに繋がっていきました。


かなり衝撃でした、でもその時の私が、
この本での気付きを受け止め、受け入れる30代半ば、
私のその時だった!ということでしょう。

「動けない」で苦しかった時、
「今は動かない」を、私が選ぶ!で、
ずいぶんと楽になりました。



その人のその時、が必ずあるのですね。
大丈夫です、
すべて、先があってのその途中です。

「自分が選ぶ」の認識が
ちょっとだけでも助けになるのではと。










[PR]
Commented by 大内てるみ at 2014-08-14 20:22 x
うんうん(^-^)
全て自己責任で考えれるようになった時、苦しみの渦中から抜け出すことが出来ますね。
Commented by rarakirara-you at 2014-08-14 23:48
すべては自分の中、ですね。
言い訳の盾があると、なかなか進めません。
まずは、言い訳の盾があるかどうかを見てみる。
そんなところから見てみるもいいかな、と、思いますが…。
コメント、ありがとうございました。
by rarakirara-you | 2014-08-14 09:22 | 子育て応援 | Comments(2)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん