ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

若い友人達の幸せを願う

「魔法の心理学講座」、
プライベートレッスンからのグループレッスン、
終了しました。

最終的に辿り着くのが、目標、目的、成果の
アウトカム設定(手に入れたいと思う望ましい状態)
となりました。

目的や目標を持ちながら~を考えながら、
「私が大事に想うもの」その想いを客観的に
振り返る機会にもなりました。

目標だったりゴールだったり、夢だったりとは
ちょっと違って、私はやはり、
気持ちが優先なんだを感じました。
要は、具体的さに欠けるようです…。
やはり、目的達成には具体さが不可欠です。
でも、私はどことなく、そこに重点が行かないのは
感じていました。

『想いが大切』
その想いで私は幸せだから…。


必要としている人に見付けてほしい…は、
勿論あるので、目的を持ってはいきたい
と、思っていますが、
その前に、
私は私の身近な若い友人達の幸せを
切に願ってしまいます。

私の受講から始まった勉強会の若い友人達、
カウンセラー講座で出会った若い友人達、
我が子が初めて小学生に上がるコタくんママ、
などなどの周りの若い友人達、
そんな彼女達の幸せを願わずにはいられない。

若い友人達を心から愛しいと想うのです。
話しがしたいと電話をくれる、
食事しましょうと誘ってくれる、
そして、この私と付き合ってくれる、
彼女達の幸せを私は幸せと思うのです。

私と出会ってくれたのだから、
私に出来ることをと。

まずは、こんな身近にいる若い友人達を
大切に大切に想う、愛しいと想う、
そんな「積み重ねてきた自分」を大切にしたい。

『あなたの幸せな姿を見るのが私の幸せ』
良く使っていたこのフレーズに
私の想いが詰まっていたのを思い出したのです。



『愛して幸せ』は、
愛させてもらえる、その存在あってこそです。
『愛して幸せ』は決して一方通行ではないのです。
存在への感謝と愛しさは、すべてへのスタートだから。







[PR]
by rarakirara-you | 2015-03-03 21:27 | ひとり言 | Comments(0)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん