ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

巡り来る桜に思う

池田晶子「暮らしの哲学」より

      ---- 略 ----
  要するに、生と死、すなわち他でもない
  「人生」というものに、
  深いところで触れてくるのですね、この「桜」、
  もしくは「春」というこの季節は。
  そう言えば高一の春の授業で安岡章太郎の
  「春は残酷な季節だ」「始まりは痛みである」
  という文章…
  それから30年、今ならこの作者が感じている
  ことがはっきりと分かりますね。
       --- 略 ---
  おそらく、何かは確実に過ぎ去ったのだ。
  過ぎ去って還らないという思いが強くある、
  それが「痛み」なのだ。
  始まりが痛みであるのは、
  過ぎ去って還らないものを
  後ろに残して始まる、そのことが「痛い」のだ。

  失くしたものがある、過ぎ去って還らないもの、
  失われて戻らないもの、その不在の感覚が、
  けれども春になると変わらず咲く桜の花に、
  その満開に、鮮やかに痛いのでしょうね。
       --- 略 ---
  人生は過ぎ去って還らないけれど、春は、
  繰り返し巡り来る。
  一回的な人生と
  永遠に巡る季節が交差するそこに
  桜が満開の花を咲かせる。
  人が桜の花を見たいのは、そこに
  魂の永遠性、永遠の循環性を見るからだ。
 
  始まりを繰り返すことの痛みは、
  終わりへ向かうことへの痛みでもあるだろう。
  花は儚いと人は言う、自分の人生がそうで
  あるようにと。
  しかし、儚さは、儚いままやはり巡っている。
  永遠的なことを知ることにおいて、人は、
  自分を自分と思うことの不可能と
  意味を知るだろう。


    。。。。。。。。。。

私は如何にたくさんのものを持っていたのだろう、
宝と呼べるたくさんのものを。
でも、確実に「その時、その時」はもう過ぎ去った。
新しい時間に向かってはいる、
この瞬間にもたくさんのものを持っているのも
知っている。

でも、痛みもあった。
前回ひと括りで「眩しい」と表現したが、
深いところで、この「痛み」と
セットなのも感じていた。

久しぶりに開いた池田晶子の本に、
「痛み」の正体を活字で確認できた。

私も「私の痛み」を持っていた。

「痛み」の正体を、「持っている」からこそと知り、
「眩しい」を、清々しく豊かな心で言える。








Commented by 大内てるみ at 2015-04-15 12:21 x
深いメッセージですね(*´-`)

陰と陽、表と裏、生と死、全て2面性をもつこの世界…。

どれだけココにくつろげるか?
それが個性として、生き方として現れますね。
Commented by rarakirara-you at 2015-04-15 17:53
この記事に反応してもらうのは難しいと思ってました…。
反応して頂いて、とても嬉しいです。
好きなんですね~私、こんな話し。
「私の個性」となって現れてくれているでしょうか…。

過ぎ去ってしか見えないもの、
悔しいぐらい勿体ない。
その時の「今」。
みんな、キラキラ眩しいよ、と伝えるしか
術がない。

「あなたは、たくさん持っていますよ」
そんな言葉を届けたい。

コメント、本当にありがとうございました。


Commented by nagi at 2015-04-17 23:49 x
桜が本当に胸に迫るようになったのは本当にこの数年です。短く終わる命そのものの痛々しさがはかなくてきっとそれはどこか自己愛に近い気がして・・。あぁ だからきっとこの数年やっと気づけるようになった気がします。
私は還れるなら15のあの春の日にもう一度還ってみたい。
子育てのそれぞれに桜はいつもあったけれどそれはあまりに必死でその日を終わらせるための責任感で息苦しくて 終わりつつある安堵感の方が何倍も大きくて。
今 私は食べたい時に食べたいものだけ作り食べ 自分のために仕事で稼げている幸せを感じてます。子育てと仕事の両立でへとへとだったあの若い日は思い出すとつらい。結婚前に味わえなかった勤労の喜びみたいなものは私の場合 自分の時間軸で動けて初めて感じるのだとわかりました。
60に向かっての桜はもう私だけが浸って 何時間立ち尽くしても ちゃんと次の朝仕事に出て対価を得れれば達成感を感じられて 社会や夫にも罪悪感を感じずにすむ気がしてやっと楽になりました。
今はこの自分の時間が何より大切です。夫や子供に邪魔されたくないってすごく思います。
これからの10年で私は自分をもっとなんていうか・・育ててみたいです。
Commented by rarakirara-you at 2015-04-18 11:28
コメントありがとうございます。

自己愛…、そんな見かたもあるんですね…。
私には、お気に入りの桜が福岡城跡の城壁の外にあります。
三本の桜が大きな一本に見えて、とても見事な桜です。
包まれる~を感じさせてもらいます。
その桜に出会ってから、その桜に「会いに行く」となっています。

新しいスタートの、コタやコタくんママの眩しさを目の当たりにして、
自分の中の答えが必要なのを感じました。
その眩しさにやられてしまいそうになりそうな自分に
驚いての思索になりました。
正体を見付け、答えを出す。
そして、自分の意味付けをする。
で、この文章になりました。

それぞれの「私の痛み」ですね。


by rarakirara-you | 2015-04-14 10:04 | ひとり言 | Comments(4)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん