ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

「ふくおか子育てマイスター」終了

b0306288_10233650.jpg


「ふくおか子育てマイスター」資格取得!

無事終了しました。
認定証、頂きましたm(__)m
県の事業なんだな~、県知事の名前で頂きました。

講座の内容も、
今、目の前で孫の2才9ヶ月のアヤちゃんを
見守らせてもらえてるおかげで、
今、に通じる話しを、余裕、を持って聞ける、
それこそがホントに楽しいと思わせてもらいました。

講座の内容は、未就学児の
体の発達や心の発達のお話しや
簡単な手遊び、それに沐浴実習(人形を使って)


親に対するコミュニケーションのお話しも
取り入れられていました。
ここの所は、私の専門なので、
色々ちょっとの物足りなさは感じましたが、
このプログラムに入れるには、
これが精一杯なのかなとは思います。
でも、個人宅へのサポートでは
こここそが一番大切と、
やはり私は思ってしまいます。


子育てママの愚痴の事例、
感想、対応の所では、
これがママ達を追い込む「世間」かあ~と、
思わせられる場面もあったり、
世間の縮図を見た思いがしました。

そんな良いも悪いも「発見」の姿勢で
学べて本当に良かったと思います。



やはり、子ども自身のお話しがメインなので、
最初の見通し通り、
ファミリーサポートで子どもさんを預かる、
保育園での保育士さんへのお手伝い、
その前提での人材派遣のための研修でした。

そして、これからの子育て支援の話し。

講座最終日のグループ討論、発表、
「私達が考える子育て支援の事業」
と題して、制約は何もないという設定で
色々案を出して下さいと、
これは結構盛り上がりました。

夢を語るという意味で、
みんな、誰かの役に立ちたいというより、
「みんなで一緒に楽しもう」の姿勢です。
そのための私達の役割。

小さい子ども達とママ達、
色々な得意技を持つおじいちゃんおばあちゃん、
そこへマイスターの私達が入って。
どのグループの結論もまさに、
「共生」の姿でした。

私達シルバーの夢描く世界は、
私も同様に思う「共生」でした。

誰かの役に立ちたい…は、
大きな目でみんなを見守る姿に感じました。

現実の生活では、
それが大きく一つとはいかない、
分断された生活になっているのが、
くっきり浮かび上がった気がします
だから、一人不安で孤立する子育てママも
いるということでしょう。
お年寄りにも同じように言えることです。

シルバーのみなさんの夢は
温かい「共生」の夢でした。



私のこれからも、
やはり、子育てママ達を支えられるように
寄り添いたい。

ママとベビーはいつも一緒の状態なので、
ママだけ切り離しての考え方はできないを
改めて感じて、
私にとっても、必要で有り難い研修だったを
実感し学ばせてもらいました。







[PR]
by rarakirara-you | 2016-02-29 08:43 | 子育て応援 | Comments(0)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん