ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

講座途中です

b0306288_20034972.jpg

「親コミュ講座」のプライベート・レッスン
来週の4回目を残し、
3回目を終了したところに、
写真を一枚、と言って頂いて、
2時間の集中が一気にほぐれて、
この笑顔となりました。

講座終了したところでは、
色んな想いを言葉にしたいと
思ってはいましたが、
発想も予想もしていなかったところで
「写真を一枚」に、
何だかとっても嬉しくなりました。

この嬉しさは何なんだろうと、
自分の気持ちを覗きます。


「しなやかに生きたい」と言われる言葉が
とても印象的なNさん。
「知らなかったことを知りたい」と、
「知る」ことをとても喜んでらっしゃる姿、
私は「伝える」の充実の時間。
引き寄せ合った出会い(Nさんの言葉)
「お互い様」で真剣に向き合う共の時間。

そこに、「写真を一枚」と入って来て下さって、
今度は3人で出来るその「場」その「空間」、
色んな方向から(気持ち的な)寄って来ての
「今、ここに…」。

そんなことを、私は瞬時に思い、
どうも嬉しくなったみたいです。

「人と出会う」、いいなあ~と。








by rarakirara-you | 2015-08-27 06:48 | 親コミュ | Comments(2)

祭りのあとの。。。

吉田拓郎「祭りのあと」
 
 ♪祭りのあとの淋しさが
  いやでもやってくるのなら
  祭りのあとの淋しさは
  たとえば。。。。。♪

そんな歌が頭の中で回る。


アヤちゃんとコタくん達と。
お盆に2泊3日、
先日は、忙しいパパ抜きで
泊りがけでプール遊びと、
楽しい時間を過ごさせてもらった。


すべてが可愛らしい2歳3カ月のアヤちゃん、
言葉や振る舞いにさすが女の子!
日毎の成長を見る、
大袈裟ではなく、日毎なのだ。

たっぷりのあの子達との時間。
機嫌が良い時ばかりではないのも
当たり前として一緒に過ごす。

笑顔でいてほしい、
泣かないで、
ご機嫌直して…。

コタくんも泣かないで、
コタくん泣くと切ないよ~。
誰にでも「遊ぼう」と声をかけるコタくん、
傷つくこともいっぱいで…、
でも、楽しく遊べることもいっぱいで。

コタくんといると、
子どもの小さな世界を垣間見れた気がした。

楽しいね。 
笑顔でいてね。
コタくん「あ~ちゃんはいつも笑顔だね」
そんな嬉しい言葉をもらいながら…。



ママの夢を聞かせてもらったり、
子ども達の成長が、
すべて自分の夢に繋がる、
でも、現実は目まぐるしい日常。
それを含めても、
子ども達の成長が楽しみと語る、
ママがやはり、眩しい~…。





「祭り」が終わった感覚、
我が家に足を踏み入れた途端、
いつもの日常。。。

祭りのあとの淋しさは。。。。

その時間は永遠ではないのだから、
「幸せの瞬間、瞬間」を静かに重ねよう。。。







by rarakirara-you | 2015-08-21 11:27 | ひとり言 | Comments(4)

今年もお絵かき水族館

b0306288_09321051.jpg


去年の「お絵かき水族館」をとても喜んだので、
今年はホークスタウンモールで
「未来の遊園地」として、
少しバージョンアップした、
「お絵かき水族館」へ。

自分で色塗りしたお魚が、
スキャンされて、壁一面の海に
泳ぎます。

b0306288_23142045.jpg


今年は、水族館だけでなく、
野原にふなっしーや車。


b0306288_23134960.jpg


大人からすると、バージョンアップしたんだ~だが、
コタくん、年齢が一つ上がったせいかもしれないが、
会場内を一回りするけれど、
さほどお魚以外を面白がらない。

去年の「はじめて」が、相当の
インパクトだったんだろうな~を
感じる。

大人の私も「はじめて」は楽しかった。
目を見張った。


去年とは確実に違う今年のコタくん、
こんな場面にも、
そんな姿を見せてくれる。







by rarakirara-you | 2015-08-12 09:52 | | Comments(0)
「親業」から「親コミュ」へと移行して、
初めての講座が始まりました。

「子育てママ達の少しでもお役に立ちたい~」
「私を見付けて下さ~い」と、
静かに発信を続けてきました。

その方の「知りたい…」で、ブログ、HPと、
「私に辿り着いた」と、申し込み頂きました。

諸事情抱えての、孫育てもあっての方なので、
「プライベートレッスン」での一対一。

自分の声掛けを振り返りたい、
知らないから、自分のやれることでやって来た。
知らなかったを今思う、だからの知りたい。
変わるのは自分だ、と。


一対一は、カウンセリング的な
色合いが強くなりますが、
私は、カウンセラーではありません。
河合隼雄さんの本でも、
「カウンセリングは専門的な知識と経験の
専門家でなくてはならない…。」
そんな言葉を読ん記憶があります。
私も、自分はカウンセラーではないという
意識こそ、とても大事なことと考えます。


あくまで、
「聴くとは?」の「聴いてもらう」
を体験してもらう、
「聴く」で向き合います。
でも、もうそこでは素の自分です。
一対一のその時間は、その方にとっての
安心、安全でいられる大切な時間、
そんな時間と思って頂けるのが望みです。

受け止める
受け入れる
伝える

一対一のプライベートレッスンは、
その方に寄り添った「伝える」に、
変化させていける強みがあるのを、
改めて実感しました。

少しでも「求められるもの」に
応えられる伝え方を、と考えます。
そして、その方にとっての
安心、安全で、
やさしく、温かく包めたらと…。















by rarakirara-you | 2015-08-03 16:48 | 親コミュ | Comments(2)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん