ららら♪あーちゃん

rararayou.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0306288_09073989.jpg


癒しのハンドケア
~英国赤十字社発~
触れることで癒し癒される「手当て」の力。
コミュニケーション法としても医療、介護の
現場で効果をあげているケア。

マッサージではなく、手、背中から肩、足、
などをやさしく撫であげる感じでしょうか、
血流変化の科学的検証もなされているようです。
かなり奥が深い勉強になりそうです。


脳の断捨離アクセスバーズ®の体験を
重ねてる今ですが、
いまだに体感としての「分かる」は
乏しいのですが~、
自分のエネルギーを確信出来るものとして、
それを教えてもらいました。

「私は普通にエネルギーを持っている」
その発見は本当に大きかった。


目に見えないエネルギーは
そこにあるものとして
アクセスバーズ®を幸せに感じ受け入れ、
目に見える形として取り扱えるのが
このセラピューティック・ケア。
そんなことを思って、
自分の中のエネルギーを持って、
ケアの方法として人と関われるなんて、
本当に素敵なことと、勉強を始めました。


「手の温もり」
これもまた一対一でのケア、
そこで最初に相手が受け取れる「大切にされた感」

「親コミュ」講座として、
聞く、伝えるでのコミュニケーションを
「言葉」にする、で伝えてきましたが、
このセラピューティック・ケアの中でも出てきた、
「人間の尊厳を大切に」そのための
傾聴、共感、受容、
共通の理念でした。

言葉にしなくても届けられる
「あなたを大切に想う」




セラピューティック・ケアの勉強を始めて、
私、こんなとこに出てきたのかと、
アクセスバーズ®をやったからこその流れ、
そう嬉しくなります。








[PR]
by rarakirara-you | 2016-10-27 10:36 | コミュニケーション | Comments(0)

「大丈夫だよ」の声かけ

「大丈夫だよ」の声かけに、
『大丈夫の100%の保証もないのに…』と、
不安でいっぱいの人に返された。

いけないいけない、軸足が自分になってた。
彼女の不安を受け止めている自分を
伝える自分軸。

そこのスポットは相手に当てているつもりが、
「分かっている自分」を伝えてしまう。
そんなときに働いてるのが、
共感、の思いだけのつもり。
共感としては間違ってはいないが、
不安でいっぱいの人に、
自分軸での向き合いは意味がない。



先日フォローの会でも、この話になった。
Nさん、
「私は大丈夫じゃないのに~」
と、相手の心は叫んでいたのに、
少しでも安心してほしくて言っちゃいますよね…。

「私は大丈夫じゃないのに~」に、
「大丈夫だよ」の、この言葉は、
その人が持つ、今、その瞬間のその人の事実、
そう感じることそのものへの否定と
相手は感じてしまう。

そう感じてはいけない、
そう言われたのと同じことと。

何を感じるかはその人のもの。
そこを飛ばしての声かけは
「大丈夫」の想いに意味がなくなる。


不安でいっぱいなのを知っている、
それでも伝えたくなる、
「大丈夫だよ」
黙って優しく包む、
そんな気持ちでそこに居ればいい。

不安も心配もどうぞ吐き出して~、
あなたの不安の解決の保証はできないけど、
「私がいるから大丈夫」
「あなたの側に私はいるから大丈夫」
胸の内の想いは、
静かにそんな想いなのだが…。








[PR]
by rarakirara-you | 2016-10-16 16:17 | コミュニケーション | Comments(0)
子育てマイスターとしての
シルバーからの仕事の声かけで、
3時間ほどの保育士さんの補助。

「働きたいママのためのセミナー」での
託児のお手伝い。
子どもの年齢は、幼稚園、小学低学年、
午前と午後で私は午後の時間に。
子どもは15人弱。

保育士さん2人にマイスターが3人、
本の読み聞かせの専門家に
石鹸粘土の指導者と、
準備万端な託児。

泣いてる子をさっと抱いて
相手をされ始められた保育士さんに
さすがだなあ~と。


ふれ合うほどの時間でもないが、
そんな時間の中でも
久しぶりに見る子ども達がいる世界、
ちゃんと子どもの個性は見えるものだと。

すっかり魅了されてしまった女の子がいた。
ずうっとニコニコ笑顔、年中さんだとか。
小学2年のお兄ちゃんと一緒に。

お兄ちゃんも素敵な子で、
兄弟の変わった名前の漢字を聞くと、
聞く方の私が分かるような教え方をしてくれた。

この女の子のニコニコは何だろう、
このお兄ちゃんの心遣いは何だろう、
この子達はどんな環境で育ってるのだろう~、
素敵な背景が見えるよう~
と、そんなことを思わずにはいられなかった。


15人いれば15の背景。
そんなことを考えてしまった。
そしてその先も、その奥も、
考える。

ちょっとの時間にも
バンバンと私の感性に押し寄せる。
それが大事、
見て、感じて、考える、
それが私なんだなあ~。







[PR]
by rarakirara-you | 2016-10-07 09:19 | 子育て応援 | Comments(0)

「親コミュ~福岡~」の富田です。福岡博多から子育てママへエールを送る、応援ブログです。「おばあちゃん」と呼ばれることに、ささやかな抵抗で「あーちゃん」です。


by らららあーちゃん